家庭教師が教える科目


家庭教師が生徒に教える勉強科目は、教える生徒が小学生と中学生、または高校生なのかで違ってきます。 一般的なご家庭が、子供に家庭教師をつける目的は受験勉強です。小学生は中学受験、中学生は高校受験、高校生は大学受験を目指して勉強しています。 受験勉強以外の目的としては、苦手科目の克服や「定期テストの成績を上げたい」などという理由があげられます。


単独で勉強する科目には、「数学」や「英語」が選ばれているようです。この二つを苦手とする子供が多いからでしょう。 数学は、好き嫌いがハッキリ分かれる科目です。小学生の場合は算数ですが「分数」、中学生の場合は「連立方程式」を学習するあたりから苦手になっていきます。 数学は社会のような丸暗記ができない積み重ねの学問なので、途中でわからなくなると、勉強が追いつかなくなっていきます。


最も家庭教師が必要となる科目でしょう 英語については、子供どころか大人だって中学と高校の6年間勉強しても身につかないぐらいの科目ですから、子供の中には言葉ではなく、英語が呪文のように聞こえてしまう生徒が出てきます。 現代はグローバルな社会になってきていることから、英語は小学生から授業に組み込まれており、熱心に英語塾などに通わせる保護者が増えてきています。 家庭教師として勉強を教える場合は、「数学」と「英語」が得意であれば保護者に指名される確率が高くなります。 あなたが理系を得意とするのであれば「数学・英語・理科」、文系を得意としている場合は、「数学・英語・国語」を教えるとよいでしょう。


MAIN MENU

SUB MENU